tomoko maeda
scroll

Tomoko Maeda

PROFILE

前田 智子
TOMOKO MAEDA

1986年10月13日東京生まれ。
身長168cm
B/W/H 81/60/87
NY市の大学を卒業。バイリンガル。

モデル・MC・リポーター/Body-line Stylist/Miss Earth Japan 2011ダンサー・振付師

Born on October 13, 1986 in Tokyo, Japan.
Graduated from Marymount Manhattan College in New York City with a BFA in Dance.

Height: 168 cm
B/W/H: 81/60/87
Bilingual (Japanese & English)

2011 Miss Earth Japan/Environmental Conservation Activist, Dancer/Choreographer, Model/MC

Tomoko Maeda

WORKS

モデル・MC・リポーター

Modeling

ダンサーとして活動する中で、舞台では表現しきれない細かな表現を可能にする写真や映像という媒体にひかれ、モデルを始める。
現在はPINX.MANAGEMENTに所属し、持ち前の語彙と英語力を活かし、モデル・MC・リポーターとして活動。

所属事務所 :PINX.MANAGEMENT

Through her involvement with various art forms, Tomoko has found new possibilities for more delicate, minute expressions in photography and film that are rarely visible on a dance stage. She currently works with PINX.MANAGEMENT as a model and MC as a model and MC, with proficiency in Japanese and English.

モデル・MC・リポーター

fitness

ダンサーとして、モデルとして、日本代表として、多様なニーズに合わせて体を幾度となく変えて来た経験を、PilatesベースのエクササイズやWalking指導で提供。
筋肉の使い方を変えて、自分の力で理想のラインをつくる。

With much experience in transforming her body into an ideal shape as a dancer, a model and a beauty queen, she offers a variety of exercises based on Pilates and Yoga to achieve each client’s need. She helps shape your body to its best by defining lines with muscles rather than simply making you lose weight.

Website: t-made body works
ご予約: class@tomoko-maeda.com

2011 Miss Earth Japan 環境保全活動家

Miss Earth Japan 2011/Environmental Conservation Activities

Miss Earth Japan 2011
JEMAI Environmental Label Program Advisory Board
Save Minamisoma Project Goodwill Ambassador
WWF Japan Earth Hour Supporter

ガールスカウト東京第132団に所属し、幼少時からキャンプで登山やテントの設営、ボランティア活動の経験を積む。
NYから帰国後、2011ミス・アース・ジャパン(日本代表)に選ばれ、84カ国が参加した世界大会に出場。ナショナルコスチューム部門で世界一、総合トップ16位入りを果たした。Save Minamisoma Projectの親善大使、 JEMAI環境ラベルプログラムのアドバイザリーボードを務め、WWF JapanのEarth Hourを推進、数々の慈善事業に公私共に積極的に取り組んでいる。

Through Girl Scout activities, Tomoko was introduced to mountain climbing, camping and volunteer activities at a young age. After returning to Japan from university abroad, she was crowned Miss Earth Japan 2011 and participated in the Miss Earth World contest. Competing with delegates from 84 countries, she won Best in National Costume and came in the top 16 semifinalists.

Even after her reign, she has continued to work for the sustainable development of the world.
She has worked as a goodwill ambassador for Save Minamisoma Project, an advisory board member of Carbon Footprint Communication Program, and an official supporter of WWF’s international campaign, Earth Hour.

出演歴
ダンサー・振付師

ダンサー・振付師

Dance

ジャズダンス・バレエに打ち込む中で、より自由な表現方法・コンテンポラリーダンスに出会い、ニューヨーク市所在のMarymount Manhattan Collegeへ 留学。同大学で、グラハム、ホートン、ニコライ、カニングハム、リモーンテクニックに加え、解剖学、ダンス史、評論などダンスの学術面を学ぶ。振付けや即興といった技術も身につけ、自身の振付け作品Destiny ≠ Consequencesを同大学の代表として Dance Theater Workshopにて発表。2009年5月に BFAを取得し卒業。
卒業後はフリーランスとして様々なカンパニーで活動。2010年6月にはJudson Memorial ChurchにてPat Catterson振付けのThere is No Conclusionに出演。振付師としてもニューヨーク市で開かれるフェスティバルに選抜され、 How R U? を2009年10月にReverb Festivalに、1 or A? を2010年6月にYoung Choreographer’s Festivalに出品。日本では2011年7月N.N.N.2~あの子のところまで、ガンガン行こうぜ!~に選抜されT-MADE Dance Companyとして参加、 1 or A?を新しいキャストで発表。
2016年1月には、Pat Cattersonの世界を中継する新プロジェクトに参加、 NOW に出演。

Through her dedication to jazz dance and classical ballet, Tomoko feels great passion for contemporary dance. Drawn to it for its freer mode of expression, she chose to study Contemporary Dance at Marymount Manhattan College in New York City. She studied  Graham,  Horton, Nikolais,  Cunningham and Limon, in addition to improvisation techniques and even anatomy, history, and dance criticism. As she strengthened her talent as a dancer, she also choreographed various pieces. One of them, “Destiny ≠ Consequences,” was chosen to represent her school and was performed at Dance Theater Workshop. After graduating with a BFA in Dance, she worked with various companies and choreographers, participating in “There is No Conclusion,” choreographed by Pat Catterson and performed at Judson Memorial Church in June 2010. As a choreographer, she was selected to present her piece “How R U?” at Reverb Festival in October 2009 in New York City,  and “1 or A?” at Young Choreographer’s Festival in June 2010. She joined in Pat Catterson’s new international project “Now” in January, 2016.

振り付け作品
How R U?

ジレンマ。この終わりなき試行錯誤は人を人たらしめる、ユニークな特性。いかに対処するかは人それぞれ。胸元を絶えずざわつかせるにも関わらず、誰しもが陰鬱に陥るとは限らない。
本作品では3つの人格がジレンマに翻弄される。

time...time...time...

幼い頃母が私に言ったことがある。「未来は背中側からくる」と。
誰かが未来に恋いこがれ、明日を引き寄せる。
一方で、誰かが明日を恐れ、過去に留まろうとする。
明日が楽しみで仕方がない次の瞬間には、
なぜ、まだ知れぬ未来を不安に思うのだろう。

Destiny ≠ Consequences

人は常に物事に意味を求める。無機質な出来事に関連性を見いだす。
時に人はそれを「言い訳」や「理由」と名付ける。
そもそも、全てに意味があるとしたら、その「意味」に意味と言う名の重みはあるのか。
それはつまり全てに「意味」がないのと同じではないか

Sophie’s Rooms

ヒトは他人と一面でしかつながっていられない

私のしっている、
私のみている
あなたは
あなたという立体の一側面でしかない

どの側面も私の見ているあなたに属してはいるものの
どの側面も私の見ているあなたとは異なる

その一個人、
一立体に属する多様な面に

誰かの側面が吸いよせられていく

こうして、
私の知らないあなたの側面が無限に広がっていく

ある一方向に関していえば
あなたは私の知らないヒトになる

ヒトは、
他人を知りつくすことなどありえないのだから
これはごく自然なことといっていいのだとおもう

むしろ、
ある一側面でしかつながれないことが
私たちのつながりを助けているようにもおもう

ある一側面でしかつながれないことで
ヒトは他人の都合の悪い部分を見ずにいられる

そして、
そうあることで
ヒトは他人を知っている
理解した と思い込めるようにおもう

一平面では
カタチになれない
一平面でしか
つながれない

まるで化学式じゃないか

シンプルでいて複雑な
そのきれいにまとまったカタチ

化学式
ヒトの体もまた、
無数の化学式の圧縮、混濁、つなぎあわせ

ヒトの歩く先も
ごったがえした化学式の一致、脱落、つなぎあわせ

彼の中のわたし、いつも横顔

君の中の彼女、わたしを見据える

あなたの中の彼、決して振り向かず

彼女の中の彼、君の左側

決められた一面、
私たちの一側面

1 or A?

「安定」とはなんだろう。安定とは則ち、私が一番私らしい力を発揮できる環境ではないか。
「安定」とはどこだろう。
頼る相手がいない場面こそ、私はより力を発揮し、強くあることができるんだろうか。強がれることは強いということだろうか。
一緒にいる、あの安心感こそ、私の力を発揮させる要素なんだろうか。頼りたいという弱さと惰性ではないか。
一人でいる。私の世界を揺るがすのは私の意思だけ。
誰かと居る。その誰かの意思に世界が揺れる。その誰かを愛するが故、自分らしくあることを否定したりする。

アルファベットのAは、三本の線で構成されてそれぞれがバランスを保っている。物理では、物体は三点で支えられたとき最も安定するらしい。
では人は?

Works
How R U?

Dilemma, this endless anxiety is the uniqueness of the human being. The reaction to this inescapable feeling varies depending on who you are. Your reaction might not appear upsetting or negative to some people although the anxiety is surely there in your mind, causing an active internal reaction. In this piece you will see three different personalities coping with dilemma.

time...time...time...

幼い頃母が私に言ったことがある。「未来は背中側からくる」と。
誰かが未来に恋いこがれ、明日を引き寄せる。
一方で、誰かが明日を恐れ、過去に留まろうとする。
明日が楽しみで仕方がない次の瞬間には、
なぜ、まだ知れぬ未来を不安に思うのだろう。

Destiny ≠ Consequences

Sunset, piano, flowers. What do you associate with these words?
Some of you might have a specific picture. For some people these words might not mean anything but random words.
We sometimes call a meaning an excuse or a reason. A meaning is always created in our brains. Everything has a meaning but nothing has a meaning. Our life therefore is meaningful.

Sophie's Rooms

A personality consists of many different aspects.
When you say you know a person, which aspects of the person do you know? Often we are connected to each other only with one aspect.
We live in individual worlds alone, despite our standing on the same land with others. I may not exist. I might be just an illusion. How do you prove your existence when only proof is your subjective experience.

1 or A?

What would you say?
1 or A?

CONTACT

前田智子への出演のご依頼は、所属事務所 PINX.MANAGEMENT まで、クラスのご依頼は t-made body works にお問い合わせ下さい。

Please contact PINX.MANAGEMENT for any job enquiries.

ADDRESS